figures-1010678_640

人気企業採用 時期

大手人気企業の採用選考活動が開始される8月1日の前に、5月くらいからおそらく中堅企業の採用活動が始まります。また、6月からは上場企業、7月からは人気企業も採用活動が始まると予測できるので、それらの企業もチャンスがあれば積極的に受験しておくのが良いでしょう。

http://s-coach.com/blog/shiboudouki/551

採用時期については、様々なニュースが出ていますがかなり流動的に対応する必要があります。

人気企業のSPI・筆記試験の目安

「言語」「非言語」を合算した結果が、「基礎能力」として表示されます。3項目其々で標準得点と「段階」が表示されます。
段階は、「1~7」段階として表示され、段階と標準得点の一般的な出現率、人数は以下の通りです。
(中略)
一般的には、多くの学生が入社したいと考える人気企業200社の合格者平均は段階6で、上場企業はでは5~6だと言われています。

http://s-coach.com/blog/hikkispi/567

得点の目安や足きりは企業に依りますが、人口の割合から、上位10%に入る必要があるとされています。

人気企業の面接で目指すべき評価基準

43万人が民間就活をするとすれば、わずかに430人です。また、レベル4の学生は、1,000人中50人(5%)です。全体の学生数から算出すると21,500人です。そして、この21,500人という数字は、人気企業200社に採用される人数と符合します。逆に言えば、人気企業200社に入社するためには、コンピテンシーレベル4の行動がとれていることを面接の場で相手に認めさせることが必要となります。

http://s-coach.com/blog/mensetsu/competency/619

人気企業の面接は所謂「コンピテンシー面接」という形態をとっています。そのコンピテンシー面接で目指すべきレベルや評価基準について解説しています。

人気企業の面接で求められる評価基準 コンピテンシーレベル4

条件や状況に即した行動から一歩踏み出し、それに働きかけ、変革する行動です。PDCAサイクルをセルフマネジメント・サイクルとして回して初めて可能となる行動です。居酒屋バイトの例ならば、店舗の売り上げ向上を目標として捉え、対策を店長に提案するために近隣の店舗を調査し、その結果から導き出した提案をお店に実行させて、成果を上げる等のことです。

http://s-coach.com/blog/mensetsu/competency/619

上記の「コンピテンシー面接」で人気企業で必要とされる「レベル4」についての解説です。

人気企業の最終面接・役員面接

人気企業では、権限移譲が進んでおり、最終面接(役員面接)を実施しない会社があることも事実ですが、まだまだ、最終面接は役員が担当するというケースが多くあります。
少し前までならば、「最終面接」まで行けば、ほぼ「顔合わせ」程度といった会社も少なくありませんでしたが、ここ数年では、最終面接で半数以上が不合格と判定されるケースも増えています。つまり、最終面接だからと言って、安心は禁物です。

http://s-coach.com/blog/mensetsu/627

人気企業の最終面接・役員面接について解説しています。役員面接ではどういうことを聞かれるか、どういう心構えで臨むべきか、などが解説されています。

人気企業の定義と学歴フィルタの実態

まず、「多くの学生が入社したいと考える知名度が高く、入社難易度が高いブランド企業200社」を人気企業と定義します。
(中略)
人気企業の本エントリー数はおよそ10,000人。採用者は100人くらいなので、倍率は100倍と大雑把に見積もることができます。
実際に、2014年4月にあるメガバンクに入社した先輩に話しを聞いたところ、採用者の大学別出身校の内訳は偏差値上位校で5割、残り5割はその他の大学の学生でした。同じく総合商社に内定した人に話しを聞いたところでは、偏差値上位校で2/3、その他の大学で1/3でした。
これらの数字データからは、人気企業では、偏差値上位の大学から多くの学生を採用しているものの、それ以外の大学からも一定数の学生を採用しており、その数も一般に学生が考えている以上に多いことが分かります。

http://s-coach.com/blog/jobhuntscore/635

気になる人気企業の「学歴フィルタ」、その実態と、それに対してどう選考に臨むかなどが解説されています。