無料問い合わせ

  • 就活コーチのブログ
  • 就活コーチのブログ
  • 無料相談面接お申し込み
  • 無料面接相談お申し込み
  • 当サイトはリンクフリーとなっております

    就活塾、就職塾・予備校なら就活コーチ

    就活塾

  • 相互リンク
  • 携帯版
  • 携帯版 就活コーチ

2016年卒向け 一流企業内定講座始めました!

1.人気企業内定講座の目的
2.人気企業内定講座のベースとなる考え方
3.人気企業内定講座の概要について
4.人気企業内定講座の具体的内容
5.代表メッセージ

1.一流企業内定講座の目的

 下記の設問は、2014年の採用選考において実際にある企業へ応募するに当たり、
事前に課されたレポート内容です。

A社

あなたが大学または大学院在学中に一番力を入れて取り組んだことはなんですか? その内容に取り組む時に、どのような目標をたてましたか? あなたが取り組んだことについて下記の4点を盛り込んだ内容で記入してください。

1.) なぜそれに力を入れたのか?
2.) 具体的にどのようなことを行ったのか?
3.) どのような壁にぶつかり、その状況をどのように乗り越えたのか?
4.) その経験から何を学び、今後どのように経験をいかしていくのか?

B社

  • より高い目標に向かってあなたが率先して他の人を巻き込み、目標を達成した経験について述べてください。
  • 相手のニーズを理解し、それに応えるために起こした具体的な行動を述べてください。そのとき、なぜそのニーズにこたえる必要があったのかも述べてください。
  • チーム全体がより力を発揮するために、あなたが自主的にチームやチームメンバーに働きかけを行った経験を述べてください。
C社

[1] あなたが学生時代に打ち込んだことの中で、より多くの人と関りながら成し遂げた経験についてお答えください。
[2] [1]でお答えいただいたことについて、あなたは周囲の人の中でどのような役割を果たしましたか。
[3] [1]について、その取組内容と具体的なエピソードについてお答えください。
[4] [3]でお答えいただいたエピソードについて、最も苦労した点は何でしたか?また、克服するためにあなた自身がとった行動について、具体的にお答えください。
[5] [3]でお答えいただいたエピソードについて、失敗が許されないような状況を経験したことがありますか?もしあれば、その時、どのような心境で、どのように対応を取りましたか?結果も含めてお答えください。
[6] [3]でお答えいただいたエピソードによって得られたことについてお答えください。

上記の設問に対して、どのような感想を持たれましたか?

おわかりのように、上記の設問に答えるには、従来、巷で就活対策として言われてきた「筆記試験対策」「ES対策」「グループディスカッション対策」「集団面接対策」「個人面接対策」といった、所謂「対策」だけでは太刀打ちできません。「学生時代に何を考え、何に取り組み、どんな力を養い、成果を上げてきたのか?」が問われているからです。

他方で、上記の設問には、出題者側の「明確な意図」が見られます。それは端的に申し上げると、「学生時代に社会をリードする上で必要な力を身に着けてきたことを証明してださい。」ということです。

企業が実際に採用選考のプロセスで見極めたい力がわかっている以上、答えは簡単です。

それは、「学生時代に企業が求めるような取組みを実際に行い、その力を身に着け、企業の人事担当者や役員に対してプレゼンできる力を身に着ける」ことです。従って、「一流企業内定講座」の目的をここに置きます。

2.一流企業内定講座のベースとなる考え方

本講座のベースとなる考え方は、「PBL」(Project- Based- Learning ) を活用して「社会人基礎力」を身に着け、実際に自分が力を入れて取り組んだことをプレゼンできる力を育成することです。

「PBL」は、元々アメリカで15年以上も前に開発され、現在は、先進的な企業や大学で取り入れられている学習手法です。読んで字のごとく、プロジェクトをベースにした学びの場の提供や学習により、参加者の能力開発を行う手法です。

「社会人基礎力」とは、2006年に経済産業省がとりまとめた、社会や職場で活躍するために必要な3つの能力「前に踏み出す力」「考え抜く力」「チームで働く力」と12の能力要素(主体性・働きかけ力・実行力)(課題発見力・計画力・創造力)(発信力・傾聴力・柔軟性・状況把握力・規律性・ストレスコントロール力)です。※社会人基礎力の詳細に関しては、ホームページの「社会人基礎力」を参照してください。

3. 一流企業内定講座の概要について

本講座は、「各人の自主プロジェクト」と「グループワーク」「個別コーチング」の3つで構成します。

●「自主プロジェクト」について

受講者は、初回講座において、「企業が求める人物像」と「社会人基礎力」を体感するグループワークを行った後、次回までに、「自主プロジェクト」をエントリーします。「自主プロジェクトの内容は、現在まで継続しているサークル活動、ボランティア活動、ゼミ・研究室での取組み、アルバイト等の中から1つか、新たに取り組みを開始する新プロジェクトのどちらかを主体的に選択します。そして、6~12ヶ月間、そのプロジェクトを周囲の方々を巻き込んで実行します。そして、この自主プロジェクトを通して「前に踏み出す力」を高めます。

●「グループワーク講座」について

受講者は、「自主プロジェクト」を進行する傍ら、3~4週間に一度「グループワーク」に参加します。グループワークの主なテーマは、社会人基礎力中の「考える力」と「チームで働く力」です。内容は、具体的なケース・スタディでのグループ討議を行い、講師が解説します。また「グループワーク」では、「自主プロジェクト」の進行状況を他の参加者に公開し、自分の取組みついての中間報告会や最終プレゼンを行います。(講座内容の詳細は、無料相談会への参加者にお伝えします。) 

●「個別コーチング」について

受講者には2回(講座スタート後の早い時期と講座終了時)(1回当たり1時間)の個別コーチングを行います。1回目は、「目標設定の摺合せ」で、2回目は「講座で体得したことを就活でどのように生かすか?」です。また、講座途中にはメール・電話での個別相談を無制限に受けられます。内容はどんな事柄でも大丈夫です。従って、講座受講中に「インターンシップ」や「個別企業に関するエントリーシート」の添削も随時受けられます。

4.一流企業内定講座の具体的内容

募集期間 2015年6月~12月 毎月募集
講座実施期間 3-5ヶ月間
講座回数 全10講座(1講座:90分)+個別コーチング(2回)
プログラム  
第1講座 自己分析の詳細理解  自己プロジェクトとPDCA
第2講座 社会人基礎力の全体像理解 強み・弱みの把握
第3講座 社会人基礎力① 課題発見力
第4講座 社会人基礎力② 創造力
第5講座 社会人基礎力③ 発信力
第6講座 社会人基礎力④ 傾聴力
第7講座 自己プロジェクト 相互フィードバック
第8講座 社会人基礎力⑤ ストレスコントロール力
第9講座 自己プロジェクト 最終プレゼンと講評
第10講座 全体の振り返りとまとめ
定員 1グループ6名限定 (グループワークの実効が上がる定員に限定)
対象 2017年4月入社予定者 (大学3年・修士1年生、就活留年生、既卒者) ※グループワークへの参加が不適当と思われる方は、お断りすることもあります。
開催日時 随時 (グループ全員が参加できる日時を毎回の講座終了時に決定)
ただし、初回の開催日時のみ、弊社で参加者の都合を聞いて決定
場所 外苑前徒歩3分 就活コーチ コーチングルーム
料金 80,000円
講師 就活コーチ代表 廣瀬泰幸

5. 代表メッセージ

 私は、社会人としてスタートを切った㈱リクルートで1,000社を超える企業の採用のコンサルテーションを行い、従業員20,000名を超える有名企業での人事部責任者を経て、10年前から日本を代表する企業への教育研修を始めました。そして、今や研修受講者は10,000名を超えようとしています。また「就活コーチ」を始めて毎年100名を超える方々への個別就活コーチングと1,000通を超えるエントリーシートの添削を実際に行っています。

「就活コーチ」をする中での私の疑問は、「一生を左右するとも言える大切な就活を支援している方々のほとんどが、表面的な「対策」に終始していること」です。また「実際に多くの一流企業での仕事や採用活動の現場を経験されていない方が指導している」という現実です。

本講座は、そうした私の経験から、初年度に実施した「社会人基礎力育成講座」を更に発展させた内容です。(詳しくは、社会人基礎力育成講座の参加者の声をご参照ください。)

自分の経験から得たものを「極力すべて注ぎたい」と思い、創り上げた講座です。

「就活」は、個人の「やりたいこと」や「やれること」の違いから「個別性」が高い活動です。しかし「やるべきこと」には「共通性」があります。本講座を通して、参加者同士が切磋琢磨し、「真に一流企業が求める能力」を身に着けていただきたいと願っています。

無料就活相談
人気企業・一流企業対策講座Pagetoへ