2011卒 新卒就職環境

無料問い合わせ

  • 就活コーチのブログ
  • 就活コーチのブログ
  • 他メディア掲載実績
  • 無料相談面接お申し込み
  • 無料面接相談お申し込み
  • 当サイトはリンクフリーとなっております

    就活塾、就職塾・予備校なら就活コーチ

    就活塾

  • 相互リンク
  • 携帯版
  • 携帯版 就活コーチ

保護者に伝えたい2010年度の就職環境について

2011年度新卒の就職環境について

2010年3月卒の大学新卒採用状況は、リクルートワークス研究所の調査によると、求人倍率は09年卒の2.14倍から1.62倍へと、▼0.52倍も大幅に下落しました。
また、従業員1000人を超える「大企業」の求人倍率は前年の0.77倍から0.55倍へと 落ち込み、大企業へ入社できる可能性の学生が大幅に減少しました。2011年卒以降の状況はさらに厳しくなると言われています。

2010年春、就職できない大学生が15万人に

ディスコ・シニアコンサルタントで大学ジャーナリストの恩田敏夫氏によれば、2010年春に就職できなかった大学生は15~16万人にも上るといいます。
恩田氏によれば、2010年春卒業見通しの大学生56万人のうち、正社員就職できた学生数は前年比約10%減の34万人程度にとどまる見通し。
この3月までに就職口が見つからず、卒業せずに留年を選んだ学生は少なくとも3~4万人いるとみられ、実際の就職希望者は49-50万人と推計される。

(参考:若者を襲う就職難。卒業までに就職できない学生・生徒数が30万人に)

つまり、大学生の3-4人に1人はどこにも就職出来ない、ということになります。
さらに、2011年度新卒の就職環境はさらに厳しくなると言われています。

男女別、正社員と非正社員の平均賃金のグラフで

図1が、男女別、正社員と非正社員の平均賃金のグラフです。
非正社員になると、勤続年数が長くても、年収は横ばいでほとんど増えず、生涯年収で見た場合、正社員と比べ男性の場合1億円~2億円、女性の場合では、約6000万円の差になります。

男女別、企業規模別平均賃金のグラフ

図2は、男女別、企業規模別平均賃金のグラフです。厚生労働省の区分に従い、従業員数1000人以上を「大企業」、100~999人を「中企業」、10~99人を「小企業」としています。伸び盛りのベンチャー企業は、賃金が低いというわけではありませんが、一般的には、同じ正社員の中でも、企業規模によって、大きな賃金格差があることがお分かりいただけると思います。

上の表は、週刊東洋2006年10月7日号に掲載された、生涯給料1000社ランキング特集に掲載された個別企業のランキング上位3社と、下位3社の社名を伏せた生涯給与の抜粋です。

就職先としてどのような会社を選ぶかによって、生涯にわたって得られる収入に大きな違いが生まれます。上場企業の中でも、トップ企業と、最下位企業の生涯賃金差は、約4億円に上ります。

新卒入社のチャンスは原則的には、一度しかなく、新卒の時にどの企業に就職するかということが、その後の人生にとって、大学の選択以上に大きな意味を持ちます。
仮に、新卒生の時代に正社員として就職できなければ、その後の正社員就職への道は、より難易度が高まります。

 「新卒一括採用」、「一時期の就職活動」という制度の是非は議論の余地があるにせよ、これが現状の日本の現実です。時代によって、企業への入社の門戸が広い時期もあれば、現在のように狭い時期もありますが、環境を嘆いたところで状況は変わりません。現在の与えられた環境の中で最善を尽くすことが大切です。

私たち就活コーチは、リクルートリンクアンドモチベーションその他大企業での新卒採用・人材育成経験者等、社会経験豊富な一流講師陣が、お子様の就職活動を全力でサポートいたします。
私たちは、ES添削を含めた無料個別相談を行っています。お子様の志望企業の人事の視点からアドバイスさせていただきますので、保護者の方もご一緒に、ぜひ一度ご相談ください。

1 ≫ 2011年度 新卒の就職環境2 ≫ 就活が楽しくなるメソッド

就活塾、就職塾・予備校

Pagetop